プレスリリース
「三重銀行との業務提携開始についてのお知らせ」

2013年 2月 20日

 ナジック学生情報センターグループ(以下「ナジックグループ」)と、株式会社三重銀行(以下「三重銀行」)は、このたび、ナジックグループが推進する学生マンション事業ならびに学生の就業体験事業「ワークプレイスメント(※下記用語説明)」を同行の取引先を対象に展開するための業務提携を締結いたしました。

 三重銀行は、三重県四日市市に本店を置き、三重、愛知両県で同行貸出し額全体の7割前後を運用し、また、「めざす姿「地域に深く根を張り、親しまれる銀行」」を中期経営計画に揚げ、顧客本位の地域密着型営業を展開しています。

 一方ナジックグループは、事業目標を「次代を担う学生を支援する「教育環境創造企業」の実現」、事業品質を「安全・安心・愛情」と掲げ、創業以来一貫して学生支援に取り組んでまいりました。全国の高等学校、大学、専門学校や大学コンソーシアム等の教育機関ならびに関係中央省庁や経済団体等と密接な関係を構築し、学生マンション事業や学校寮運営による安全で優良な留学生も含めた学生のための住環境の提供や、全国215校の大学・専門学校向けに学校公認のアルバイト情報の提供、そして「ワークプレイスメント」による学生の就業力向上の支援等、学生のため、学校や地域の発展のために様々な学生サポート事業を展開しております。

 今般、ナジックグループの学生マンション事業や学生の就業体験事業を同行の顧客に紹介することにより、土地の有効活用および人材採用におけるニーズに応え、地域経済の発展や各取引先の業績進展の一助とすべく、両社が協力して当該事業を推進することといたしました。三重・愛知地区では金融機関とこの種の取組みは初めてのケースとなります。
 


以 上