プレスリリース
「東京理科大学 葛飾国際学生寮」竣工についてのご報告

2013年 3月 27日

 ナジック学生情報センターグループ(以下「ナジック」)は、今春の東京理科大学葛飾新キャンパス開設に併せ、同大学の留学生と日本人混住型の国際学生寮を、地元企業の本社跡地に開発し、このたび竣工を迎えることとなりましたのでお知らせいたします。

 本国際学生寮は、新キャンパスから徒歩2分と通学に便利で、また、JR 金町駅や京成金町駅からも徒歩約5分の好立地にあります。1954 年の創業以来この地区に本社を構え、LP ガス・石油類や各種住宅設備機器の卸及び販売等を展開している富士産業株式会社が、業容拡大に伴い近隣に本社移転し、その跡地を東京理科大学向け国際寮として活用することになりました。学生の生活の安全を最優先する観点から、東京理科大学向けに長年ひとり暮らしサポートサービスを提供してきたナジックが同大学から新キャンパスの住居整備を委任され、当施設の開発竣工に至りました。施設名称は、本国際学生寮が末永く繁栄するようにとの思いを込めて、「Ever Lasting Kanamachi」と命名されております。

 国際学生寮は、東京理科大学が海外有力大学との提携強化のための中心拠点となると同時に、首都圏外の日本人学生に魅力的で国際的な居住空間を提供する場として期待されております。ナジックは、事業目標である「次代を担う学生を支援する『教育環境創造企業』の実現」に向け、今般のような企業のCRE 戦略に対しても積極的にご支援し、学生や大学を核とした地域開発ニーズにもお応えしてまいります。


以 上