プレスリリース
警視庁との連携による「振り込め詐欺」撲滅活動についてのご報告

2013年 3月 27日

 ナジック学生情報センターグループ(以下、「ナジック」)は、このたび警視庁からの要請にお応えし、「振り込め詐欺」撲滅に向け、ナジックの管理する学生マンションの入居者や保護者に対しての注意喚起を行っております。

 具体的には、都内のナジックの管理する学生マンションの掲示板に注意喚起を促す文書を掲示し、併せてナジックが運営する「モバイルナジック24」の会員となっている入居者や保護者へもメールにて同様の文書を配信し、また、ナジックのホームページにも掲載するなど、広く発信を行うものです。

 背景には、東京都内における「振り込め詐欺」等の被害の増加があります。平成24年の被害件数は2,274件、被害総額約81億1,890万円で、一昨年に比べそれぞれ578件、約33億8,660万円増と深刻化するなか、被害拡大を憂慮した警視庁では、全庁挙げて犯人の検挙と被害防止に取り組んでいます。今般、警視庁よりナジックに対し、この「振り込め詐欺」撲滅にむけた協力要請があり、これを受けての取組みとなります。

 ナジックは、昨年7月、警視庁と「学生と地域の安全・安心に関する覚書」を締結し、東京都内で学び生活する学生に対する防犯意識向上と犯罪被害防止を目的に、ナジックが主体となった防犯活動を推進するとともに、管理する学生マンションに入居する学生のみならず地域の学生にも、警視庁が発信する防犯情報メールの提供等を通じて防犯意識の醸成に努めております。今後も警察との連携・協力を通じ、地域の安全に向けた活動を継続して推進していきます。


以 上