「未来創造型就業体験 ワークプレイスメント2012」開催

2012年 11月 12日、13日


学生と未来に挑戦する全国の中堅中小企業を繋ぎ、学生が企業のダイナミズムに直接触れることで、就職を機に世界と人生を考える機会を学生に提供しようとするプログラム「未来創造型就業体験-ワークプレイスメント2012」が2012年11月12日・13日に開催されました。
 

 一般財団法人日本総合研究所寺島実郎理事長を委員長とする「ワークプレイスメント実行委員会」が設立され、6月に発表された政府の「若者雇用戦略」を推進する四省庁すべてと関係機関から後援いただき開催され、総務省、宮城県、三重県、川崎市等の行政機関や未来
挑戦型企業にも数多く出展いただきました。
 

 セミナー会場では、寺島実郎理事長をはじめ、各界の有識者の方々より様々な角度から「世界と人生を考える」をテーマで講演やパネルディスカッションが行われ、参加学生は真剣な面持ちで聴いていました。企業ブースは6つのテーマごとに設置され、中堅中小企業や農業法人、NPOや行政などに参加をいただき、学生は直接企業や業界の魅力に触れる機会となりました。


ワークプレイスメント イベントパンフレットはこちら


 
 

  
学生実行委員会がセミナーやトークセッションを企画

  
合同企業説明会とはちがってリクルートスーツではない学生が多かった


若い世代に就職のヒントを!
ワークプレイスメント推進委員長である寺島実郎氏が、BS12ch「就職を機に世界と人生を考える! BS寺島 月9トーク」という番組で、未来の日本を支える人物との対談を通して、日本を支える若い世代がどんなスピリットで何をやればいいのか、それを考えるためのヒントを届けました。また、番組では働くということを真剣に学び、考える機会を得られる就業体験プログラム、ワークプレイスメントについても触れられました。ナジックは、ワークプレイスメント参加企業や学生の取材や情報提供の協力だけでなく、メインスポンサーとしてこの番組を提供しました。