プレスリリース
三重県の「中小企業の魅力体験緊急雇用創出事業」採択についてのご報告

2013年8月16日

このたび、三重県が募集した「中小企業の魅力体験緊急雇用創出事業」において、ナジック学生情報センターグループ(以下、「ナジック」)の株式会社ナジック・アイ・サポートが、学生就業体験「ワークプレイスメント(用語説明ご参照)」を活用した提案を行った結果、事業採択されましたのでご報告いたします。

地場企業で若年者の採用難が続いている三重県では、高校卒業時に80%以上の若者が県外に進学・就職しています。この事業は県外に進学した大学生等に地域の中小企業の魅力を伝え、雇用を創出するためのもので、ナジックは全国で展開する有償型の学生就業体験事業「ワークプレイスメント」の実績から得た知見をもとに、企業理解と入社動機形成に結びつくプログラムを提案し採択されました。

具体的には、学業との両立および受入れ企業の負担を考慮し、学生のオリエンテーション等を組み合わせたのべ13週間のプログラムを県内の優良企業5社で実施し、修了時には就業先の魅力を発信するためのプレゼンテーションコンペを開催するプログラムです。三重県内の企業の選定は提携関係にある三重銀行の協力も得て実施済みです。

今般のような行政機関や地域金融機関との協業による学生就業体験事業「ワークプレイスメント」

を活用した取組みを、全国の大学や各地域の産官学連携組織と協力して展開することにより、地域活性化に積極的に貢献していく予定です。

以 上