プレスリリース
京都工芸繊維大学との「包括的連携協力に関する協定書」締結のお知らせ

2014年3月5日


ナジック学生情報センターグループ(以下、「ナジック」)は、国立大学法人京都工芸繊維大学(以下、「京都工芸繊維大学」)との「包括的連携協力に関する協定書」を締結いたしましたのでお知らせいたします。

ナジックは「次代を担う学生を支援する「教育環境創造企業」の実現」を事業目標に掲げ、学生用住居の企画・設計から施工、入居者募集、総合管理まで一貫して行っており、また、大学寮等の学校施設の管理受託を手がけ、現在全国で85,000室を管理し、学生の住環境の整備に取り組んでまいりました。さらに、学生アルバイト紹介ネットワーク「aines」の運営ならびに学生就業体験事業「ワークプレイスメント」の推進を手がけ、学生の就業力の向上にも取り組んでおります。学生マンションの開発においては約40大学と提携し、各提携大学の学生のための優良でリーズナブルな宿舎を開発してまいりました。このたび、京都工芸繊維大学および大学院で造形工学やデザイン科学、建築設計学を専攻する学生による設計・デザイン等の実務体験学習の機会の提供等を通して、学生の就職を見据えた実践的な就業体験を付加した「包括的連携協力に関する協定書」を締結いたしました。
内容としては、(1)地域経済の発展に関すること (2)まちづくりに関すること (3)学生の人材育成及び教育・研究の活性化に関すること (4)その他産学の連携推進に関することの4点について連携協力を行うものです。具体的には、学生が自ら企画した学生マンションのデザイン案と完成物件との比較・検証をもとに、コスト等の制限内で企画することの難しさややりがいを感じながら学生の夢の実現に向け努力することのできる画期的なスキームで、国立大学とは全国初の取組みとなります。

以 上