プレスリリース
「学校専用安否確認システム」 1年間無償提供について

2016年5月30日

2016年5月30日
ナジック学生情報センターグループ
株式会社学生情報センター
管理本部

 
「学校専用安否確認システム」1年間無償提供について
 

 ナジック学生情報センターグループ(以下「ナジック」)は、この度の熊本地震によって被災された学生や保護者、並びに熊本・大分両県の教育機関に対し、「学校専用安否確認システム」を、1年間無償で提供させていただくこととしました。

5月19日現在、震度1以上の地震回数が1500回に達した熊本地震は、今後も、熊本・大分両県で最大震度5強〜6弱程度の余震が発生すると気象庁も発表しており、ナジックは、地震発生時に迅速で正確な学生の安否確認ができ、また、学生・保護者・学校をつなぐ緊急連絡網としても活用できる「学校専用安否確認システム」を大学・短大・専門学校・高等学校にご提供いたします。このシステムは、ナジックが独自に開発したシステムで、現在、全国81校10万人の学生や保護者、教職員の方々に利用され、新潟県中越沖地震や東日本大震災等での実績が認められています。通常であれば年間50〜450万円程度の運営費用がかかるところ、今後の余震に対する学生支援の一環で無償で提供させていただくものです(当システム無償提供の詳細につきましては、下記(◆)までお問合せください)。

ナジックは、全国の大学、専門学校、ならびに高等学校と連携しながら学生支援に取り組んでまいりました。微力ながら被災された学生の皆さまを応援し、保護者や学校関係者のリスク管理や不安解消に少しでもお役に立ちたいと考えております。
先般発表した「熊本地震被災学生の住居のご支援について(家賃無料での住居提供)」に続く熊本地震後支援の第二弾で、今後も全国の学生支援に積極的に取り組んで参ります。

以 上
(リリースに対するお問合せ)㈱学生情報センター管理本部 寺田075-352-4163/090-9997-0457



◆1年間無償提供の概要
受付開始:2016年5月末
提供期間:2017年10月末までの最大12ヶ月
提供上限:熊本県・大分県の大学・短大・専門学校・高等学校で最大2万人まで
提供上限:熊本県・大分県の大学・短大・専門学校・高等学校を対象
(無償導入校すべての対象学生数の合計が2万人に達する迄を上限とします)

◆本件に関するお問合せ先
㈱学生情報センター 営業推進本部
電話番号:075-352-0109
お問合せフォーム:http://anpi.ac/15/

ナジック学生情報センターグループの概要(平成27年8月31日現在)

創業:1975年 所在:京都市下京区
代表者:グループ代表 北澤俊和、代表取締役社長 西尾謙
事業内容:学生マンション事業、学校寮企画運営事業、
学校公認学生アルバイト情報の提供(aines)、
有給インターンシップ(ワークプレイスメント)、
社会貢献活動の支援事業
従業員数:550名(グループ計)
コーポレートサイト:http://www.nasic.co.jp/
ナジックマンションHP:http://749.jp/
ナジック・アイ・サポート:https://www.nasic-is.co.jp/