プレスリリース
神奈川県グローバル人材支援事業運営業務受託についてのお知らせ

2017年5月9日

2017年5月9日
ナジック学生情報センターグループ
株式会社学生情報センター
経営企画部 広報室

 
神奈川県グローバル人材支援事業運営業務受託についてのお知らせ
 

ナジック学生情報センターグループ(以下、ナジック)の株式会社ナジック・アイ・サポートは、このたび平成29年度神奈川県グローバル人材支援事業を株式会社学生情報センター、一般社団法人在日本留学生会協議会との共同企業体として神奈川県より受託いたしました。
これにより、留学生支援拠点「かながわ国際ファンクラブ かなファンステーション(以下、ステーション)」の運営を核とした各種留学生交流事業、学校への巡回による外国人留学生支援の拠点づくり事業等を推進してまいります。

ステーションの運営に関しては、各種イベントや掲示物、サイト・SNS等からの情報発信、学校での説明会による周知活動により、県内外国人留学生の総合窓口としての機能を充実させていきます。各種多様なイベントの実施と同時に、特に、学校での活動による当ステーションへの誘客に注力し、利用者数増及び稼働拡大を図り、神奈川県やサポート会員企業、大学や各種団体と協力しながら外国人留学生総合支援につなげていきます。
具体的には、ステーション内外で「かながわの留学生みんな集まれ!大歓迎会(仮)」や「かながわ外国人留学生サミット2018(仮)」、「OKAGESAMA DAY(仮)」等のイベントを実施し、来日間もない留学生から学校推薦留学生まで広く留学生の参加を呼びかけ、地域も含めた交流を図ります。学校との連携については、留学生支援や就職支援の経験値を有する支援スタッフが、留学生受け入れ側である学校への巡回相談を実施し、留学生の受け入れ及び受け入れ後の生活や学習内容、就職指導等の課題解決を通じ推進していきます。留学生受入れ先進大学によるパネルディスカッションや視察研修等の機会も提供し、留学生受入れ意欲のある学校への支援を進めてまいります。

ナジックは、全国主要都市で大学等と提携し、留学生も含めた学生の安全で優良な住環境の整備や、学校公認のアルバイト情報の提供、学生の就業力向上のための有給インターンシップやコーオプ教育の推進等、学生のため、学校や地域の発展のために様々な学生サポート事業を展開しております。
当事業を通じて、「外国人留学生が神奈川県の理解を高めることで「愛着」が生まれ、神奈川県の魅力を発信する。そこに関わる日本人学生や地域住民が外国人留学生と相互に高め合いながら、多文化共生社会を実現していくことで、国際化先進都市神奈川が国内外から注目される都市となり、優秀な人材、国際人としての高い志をもった人材が集まる地域に成長を続ける」との考えに基づき事業運営を行ってまいります。
平成29年度より結成予定の神奈川県留学生応援団(かながわ留学生支援コンソーシアム)とも連携を図り、留学生の生活面でのサポートから、神奈川県内での就職支援まで積極的に展開します。

以 上
(お問合せ)㈱学生情報センター 経営企画部 広報室 寺田 075-352-0122/090-9997-0457

ナジック学生情報センターグループの概要(平成29年4月1日現在)

創業:1975年 所在:京都市下京区
代表者:株式会社学生情報センター 代表取締役社長 吉浦勝博
従業員数:620名(グループ計)
事業内容:学生マンション事業、学校寮企画運営事業、学校公認学生アルバイト情報の提供(aines)、
有給インターンシップ(ワークプレイスメント)、コーオプ教育の推進事業、社会貢献活動の支援事業
コーポレートサイト:
㈱学生情報センター:http://www.nasic.co.jp/
ナジック学生マンション:http://749.jp/
㈱ナジック・アイ・サポート:https://www.nasic-is.co.jp/
北和建設㈱:http://www.hokuwakensetsu.co.jp/
㈱ホーミック:http://www.homic.co.jp/
学生情報センターは、2016年11月14日より東急不動産ホールディングスの一員になりました。